2018年第2四半期決算サマリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月期 第2四半期の決算を発表しました。

決算説明会資料機関投資家様向け決算説明会(動画
決算説明会・決算短信一覧
◇熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」にもどる
◇2018年1Q決算サマリはこちら
◇過去の一覧はこちら

=============================================
■決算概要
=============================================
第2四半期の業績は、売上・営業利益・経常利益まで最高業績を更新し、ストック型ビジネスの岩盤収益に加え、新規事業・投資事業による着実な成長を感じる四半期でした。

【第2四半期決算(4-6月】サマリ)】

インフラは最高業績を更新し、プラス9.6億円。
金融事業は、FX取引高が低調ななかでも収益率の改善によりプラス2.5億円。
仮想通貨事業も3.3億円のプラス。投資先のIPOによるプラス14.6億円。メルカリさん、ラクスルさん、おめでとうございます。
広告・メディアはアドフラウド問題などの影響がありマイナス1.2億。
前年の営業利益から25.5億円増の65.1億円と、四半期ベースでも最高業績となりました。

【2018年2Q 営業利益の増減について】
四半期のセセグメント別売上高推移です。昨年から成長スピードが加速し、5年で売上規模が倍増しています。

【セグメント別四半期売上推移】

=============================================
■インターネットインフラ事業
=============================================
ネットインフラは、
1)毎月、毎年料金を頂戴するドメインやクラウド・ホスティングのインフラプラットフォームであるストック型の岩盤収益
2)EC、公金の決算トランザクションの増加や、インターネットセキュリティ強化の流れによる新たな潮流による成長
という2つの要素からなる底堅い収益が着々と右肩上がりで積み上がり、3年で2倍という高い成長をにつながっています。

【インターネットインフラ事業 2018年2Q業績推移】

=============================================
■インターネット広告・メディア事業
=============================================
スマホ向けインフィード広告「AkaNe」は好調に推移したものの、アドフラウド問題や配信レギュレーションの影響を受けを受け、厳しい状況が続いています。マーケットと向き合いながら、引き続き自社商材の強化につとめてまいります。

【インターネット広告・メディア事業 2018年2Q業績推移】

=============================================
■インターネット金融事業
=============================================
対前年では2桁の増収増益となった一方、1Q比ではFXの取引高の減少の影響がありますが、ビッグデータ解析などによる収益率の改善は進んでいます。基本的には好調を持続していると考えています。

【インターネット金融事業 2018年2Q業績推移】

=============================================
■仮想通貨事業
=============================================

仮想通貨事業は、開始1年で四半期売上が26億円と急拡大しています。
ネット金融事業は13年目で75億円(四半期売上)、インフラ事業は23年目で250億円です。仮想通貨は、「金」としての価値が顕在化し、我々が提供する仮想通貨交換事業、マイニング事業の可能性を大いに感じています。

=============================================
■仮想通貨事業|仮想通貨交換事業
=============================================
仮想通貨交換事業は、GMOフィナンシャルホールディングス傘下の、GMOコインが提供しています。1Q比で増収増益。現物とレバレッジ取引を提供し、GMOクリック証券のFX取引とビジネスモデルは同様にポジションやカバーモデルのチューニングが成果につながり、ボラティリティに左右されにくい収益基盤の構築につとめています。

【仮想通貨交換事業 2018年2Q業績推移】

=============================================
■仮想通貨事業|仮想通貨マイニング事業
=============================================
4月から6月にかけては、当社マイニング設備の増設は計画どおり進捗し、売上11.7億円に拡大。利益面は、さまざまな要因により想定外の赤字となったため、従来からの方針の変更を行っています。昨年度末よりビットコインの価格は軟調、加えて環境の激化により、競合(マイニング事業者=マイナー)と同じビジネスモデルから、マイナーにマシンを供給し、早期の投資回収へと舵を切ることとしました。この仮想通貨領域において、環境の変化にいかに柔軟に対応できるかが勝負です。
6月に発売を開始したGMOマイナーB2(現在はB3を販売中)の発注状況は想定を上回る反響をいただいています。10月の出荷に向け、引き続き経営に集中してまいります。詳細については、熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」にてご案内しています。

【仮想通貨マイニング事業 2018年2Q業績推移】

また、7/17にGMOあおぞらネット銀行の事業を開始しました。当日の記者発表の様子はこちらでご覧いただけます。銀行サービスは私どもがグループで提供するすべてのサービスのハブとなって、多くの事業シナジーを創出するだけでなく、お客様にとって喜んでいただくサービスを各領域でスピーディに実現し、新たな金融サービスで生活を便利に豊かにするお手伝いをしてまいります。
今後も引き続きGMOインターネットグループをご支援のほど、よろしくお願いいたします。

すべての人にインターネット

◇熊谷正寿が語る「グループ事業戦略」にもどる
◇2018年1Q決算サマリはこちら
◇過去の一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加