新年明けましておめでとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このように新しい年を迎えられましたのも、お客様、株主様、お取引先様のご支援、お力添えをいただいたおかげと心から感謝し、御礼申しあげます。

今年は東京都からご支持を頂いた新しいドメイン「.tokyo」をはじめ「.yokohama」「.nagoya」の提供を開始いたします。2020年東京オリンピックに向けて、新しいドメインを通じ、各都市のブランドをより高め、広く世界へ発信してまいります。

昨年のインターネット市場は、スマートフォンやタブレットなどの普及により、一層の拡大を見せました。GMOインターネットグループでも良好な市場環境を背景に、すべての事業領域において着実に成果をあげました。

WEBインフラ・EC事業の国内シェアにおいては、ドメイン登録が90.9%、レンタルサーバーが55.6%となりました。

また、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証1部3769)を中心とするネット決済は、導入店舗数が4.4万店、年間決済料が1.3兆円を超え順調に成長を続けると共に、スマートフォンでの決済という新しい利用シーンに合わせた技術開発や事業提携を行っております。

EC業界には新たな風が吹いており、中でもヤフー株式会社様と提携し、Yahoo!ショッピング出店者様へコンサルティングするGMOコマース株式会社の追い風となっています。

また独自ドメインショップが構築できる株式会社paperboy&co.(JASDAQ 3633)の“カラーミーショップ”GMOメイクショップ株式会社“MakeShop”も、日本のEC化率向上に合わせ契約件数を伸ばしており、総数6.8万件超と日本No.1となっております。

セキュリティ事業では、GMOクラウド株式会社(東証マザーズ 3788)のグループ会社であるGMOグローバルサイン株式会社が、昨年のネット選挙運動解禁で注目を浴び、安倍総理をはじめセキュリティ意識の高い国会議員様のWEBサイトへ同社サービスが数多く導入されました。

このように、WEBインフラ・EC事業すべての商材が国内マーケットシェア1位となり、総数493万件のお客様にご契約いただき、日本のインターネットインフラを支えております。

第二の事業分野であるインターネットメディア事業は、GMOアドパートナーズ株式会社(JASDAQ 4784)を中心に従来の領域に加え、スマートフォン向けメディアの開発やアドネットワーク系商材を本格化しております。

第三の分野であるインターネット証券事業では、GMOクリック証券株式会社がFX取引高で2年連続世界1位となりました。引き続き、お客様に支持される最高のプロダクト開発に全力で集中し、資本市場の流動性を高めることで市場拡大に寄与し、顧客基盤、業績の拡大に努めてまいります。

新規事業分野のスマートフォンにおけるゲーム事業では、4,000万人を超えるユーザーにお楽しみいただいており、複数のゲームタイトルがランキング上位に定着しています。本年度は第4の業績の柱になると確信しております。

本年度はグループ連結売上高が初めて1,000億円を突破する見込みです。インターネット産業に無くてはならない企業グループとして、上場企業6社を中心とするグループ71社、3,801名が一丸となり、『日本を代表する総合インターネットグループ』を目指し、No.1のサービスを提供し続け、新たなインターネットの文化・産業とお客様の笑顔と感動を創造し、社会と人々に貢献すべく、全力で邁進いたします。

何卒ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
皆様に益々のご繁栄とご多幸がありますよう心よりお祈り申しあげます。

平成二十六年一月一日
GMOインターネット株式会社
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷正寿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加