【パイロット免許への道_4】国家試験を受けてきました。

熊谷正寿
7月10日

【パイロット免許への道_4】国家試験(自家用操縦士・回転翼)を受けてきました。

20160710_1

試験会場に入ると20代の方が9割。50代の僕はかなり浮き気味。
席は、受験番号順らしく一番前(汗)
そう、受験番号は意気軒昂に申込んだ結果なんと0001番w
パイロットの卵達の熱い視線を背中に感じながらの受験になりましたw

20160710_2

試験は学科試験と実地試験とからなり、今回は学科試験。

科目は「航空気象」「航空工学」「航空通信」「航空法規」「空中航法」の5つ。1度に全科目に合格しなくても、最初一部の科目に合格してから1年以内に全科目に合格すれば良いことになっています。

目標は、今回と11月の2度受験で全科目合格。

自己採点の結果、目標通り3科目は合格してそう(後日、報告するので落ちていたら笑ってくださいwww)

さて、以前に報告した通り、仕事は一切手を抜かずにどのように勉強したかご参考までに書いておきますね。

ポイントは以下の3点。

1)勉強時間を作る

24時間は増やせないので、生活を変えるしかありません。具体的には、

・仕事を溜めない 
・お酒を減らす 
・ゴルフを休む

これで勉強時間を作りました。特に効果的だったのが「仕事を溜めない」です。同じ仕事でも即処理するのと、溜めてから処理するのでは必要時間が違うことに今更ながら気付きました。お酒を減らすと、当然ですが脳の活動時間が増えますw。さらに接待ゴルフを減らすことで週末の時間を大幅に増やしました。

2)記憶術の活用

全科目とも覚えることが山盛り。記憶術をフル活用しました。具体的には、写真記憶・映像記憶で記憶のスピードを上げ量を増やしました。

3)ITの活用

大量に参考書を購入して全てをPDF化。ipadに入れて検索出来るようにしました。調べる際の時間を大幅に節約。

更に、ipadとiPhoneに「暗記マスター」というアプリを入れフル活用しました。暗記マスターは、ノート・PDF・写真から問題集を作れる試験勉強アプリ。優れものです。暗記用の資料の作成時間を節約した上に、どこでも何時でもipadとiPhoneさえあれば暗記が出来ます。

ご参考になりましたか?ということで、パイロットへの道は続きます。

◆「飛ぶことにしました」シリーズ(パイロット免許への道)
――――――――――――――――――――――――
・【パイロット免許への道_1】飛ぶことにしました(2016年5月16日)
https://www.kumagai.com/?eid=3695
・【パイロット免許への道_2】航空機操縦練習許可証(仮免許)と航空特殊無線技士免許が届きました。(2016年6月13日)
https://www.kumagai.com/?eid=4137
・【パイロット免許への道_3】飛んできました(2016年7月4日)
https://www.kumagai.com/?eid=4205

20160710_3

熊谷正寿@m_kumagai 7月10日
GMOインターネットグループ「トモダチ作戦被害者支援基金」のクレジットカードによる寄付募集ページを無償提供 – GMOインターネット株式会社
https://www.gmo.jp/news/article/?id=5390

熊谷正寿@m_kumagai 7月7日
熊谷正寿さんが伊藤洋介へご投票ありがとうございましたをリツイートしました
Fintech、ブロックチェーン、GMOインターネットグループも取り組んでいきます。共にがんばりましょう!応援しています!
https://twitter.com/itoyosuke_jp/status/750870305413804032