グローバルサイン・SSL事業の世界展開について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOインターネットグループは、SSL事業(セキュリティ事業)を世界展開します。

SSLのブランドは、「グローバルサイン」です。

グローバルサイン」は、ヨーロッパで10年以上の経験を持つ老舗の認証局です。最大256bitの暗号化強度を誇り、全てのSSLサーバ証明書がSGC機能に対応しているため、 古いブラウザでも128bitの暗号化を実現します。ウェブサイトにグローバルサインのサイトシールを表示することにより、強固な暗号で守られていることが一目でわかります。

グローバルサインはインターネットが一般に開放されて程なく、ベルギーの公共機関と民間企業によるジョイントベンチャーにより運営を開始しました。 それから10年余りの間に多くのお客様からご支持をいただいてます。

10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績(サーバ証明書のみ)

140万枚以上の電子証明書発行実績(個人向けデジタルID、ウェブサイト、ICカード向けなどを全て含む)

合計2,000万枚以上の電子証明書発行実績を持つ、パブリックルート認証局(下位CAからの発行含む)

ベルギー国の電子政府計画の一環として12歳以上のベルギー全国民に配布される電子IDの発行認証局としてグローバルサインルートが唯一のサイニングルートとして選ばれています。
(電子IDは2005年より本格運用が開始されており、2009年末までに、ベルギーの全国民に配布される予定です。)

ベルギー政府による厳正な審査の結果、あらゆるプラットフォームへの十分な普及と、政府レベルの高い信頼性を備えた運用が高く評価され、 グローバルサインルート証明書は2002年12月、数ある認証局ベンダーのルートの中から「電子政府プロジェクト」唯一の認証ルートとして採用されました。

そして2006年、GMOインターネットグループに参加しました。

今後は、 日本、ヨーロッパ、米国を中心に世界展開をします。

先日、このような背景があり二番町のベルギー大使館でグローバルサインの記者会見をしてきました。

臨時代理大使のWillem Van de Voorde様よりベルギーにおけるGlobalSignの実績をご説明頂いたあと、私たちが方針の発表を行いました。

「もっと信じられるインターネットを」のスローガンの下、既存の電子証明書の枠組みにとらわれず、 より使いやすく、もっとお客様のニーズに即した電子証明書サービスを提供します。

どうぞ皆様私たちの活躍にご期待ください。

■ニュースリリース
――――――――――――――――――――――――
http://jp.globalsign.com/info/news_press/2007/05/id14

■掲載記事
――――――――――――――――――――――――
http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20349825,00.htm
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/05/30/15886.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加